人生儀礼と個人祈願

     【安産祈願】
御神様の恵みを頂いて、新しい命が宿ってから5ヵ月目の戌(いぬ)の日に、岩田帯(腹帯)を締め、赤ちゃんの健やかな成長と無事な出産を神様に願って安産祈願を受けましょう。戌の日というのは、「犬のお産が軽いこと」にちなんでおり、安産の願いが込められています。
戌の日一覧はこちら

     【初宮詣り・お宮参り・百日祭】
赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りし、赤ちゃんが健康で立派に成長するよう願い、お子様と御両親の御神様への御挨拶が初宮詣りです。
古くより約一ヶ月後に(百日祭は百日後)、赤ちゃんは晴れ着を着て、家族揃ってお参りします。

     【七五三詣】
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の時に晴れ着を着て、家族揃って神社にお参りして、子供の成長を御神様に感謝し、今後の更なる成長を祈願します。
古くは、3歳の「髪置(かみおき)」、5歳の「袴着(はかまぎ)」、7歳の「帯解(おびとき)」のお祝いをする儀式で、髪置は男女児ともにおこなわれた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。また男児は袴着で袴を着け始め、女児は帯解は初めて帯を着け始める祝いの儀式です。

     【成人式】
男女共に満20歳になりましたら、一人前として認められる成人の式典を祝う日です。
育てて頂いた両親や地域社会の人々に感謝し、社会の一員として神前に誓いをたてましょう。

     【結婚式】
結婚は数ある人生儀礼の中でも最も晴れやかな節目となります。めでたい御縁を頂き、新しい家庭の誕生です。
日本人としての正装で、神前に結婚の報告をし、新たな門出を祝うと共に、御神様の前で苦楽を共にして明るく幸せな家庭を築き、子孫の繁栄をはかる事をお互いに誓い合います。
詳しくはお問い合わせください。

     【厄除け】
厄年を迎えられると、厄災が自分の身に降りかからないように、神社で心身の様々な厄災をお祓いし、神様のご加護を賜るようにお祈りいたします。
厄年とは、災難や障りが身に降りかかりやすい年のことで、古来より、人生の転機、または体質の変化する人生の節目で、忌み謹んできました。
厄年一覧表はこちら

     【年祝い】
無事に寿命を重ね喜び、身体健康、延命長寿をお祈りします。
還暦 61歳 古希 70歳 喜寿 77歳 傘寿 80歳 米寿 88歳 卒寿 90歳 白寿99歳 

人生儀礼以外の主な個人祈願

     【交通安全・新車祓い】
新しく車やバイクを買ったり、事故を起こした後等に、交通事故に遭わないように祈願致します。
まず社殿にて交通安全の祈願を受けて頂いて、外に移りまして車のお払いを致します。

     【家内安全】
家内安全とは、一家が安泰で様々な厄災(やくさい)がなく、家族全員の健康、家庭円満、子孫繁栄を願います。

その他に、合格祈願・病気平癒・方位除け・心願成就等承っております。 詳しくは、社務所までご連絡ください。

○個人の御祈願は、初穂料五千円より承っております。
○団体・会社の御祈願、また結婚式等は事前に御相談下さい。
○御祈願の受付は電話にて、事前に御連絡下さい。